収納と動線にこだわった家づくりで快適生活

掃除や片付けが苦手な私が注文住宅を建てる時に大切にしたものは、収納と動線を考えることでした。

まず、動線を考え、うちは回遊式にしてもらいました。キッチンのすぐ横に洗面所やお風呂を配置したことで、リビングにいても洗濯物の出来上がりがわかり易く、キッチン横の勝手口を出た場所は敷物干し場兼ゴミ箱置き場にしているので家事がとてもスムーズに行えるようになりました。

次に収納ですが、どこにどんな物を収納したいか考えて配置をするようにしました。例えば、キッチン横にはパントリー、洗面所には洗剤やタオルが置ける収納が欲しい、家族の衣服をどこにしまうか、季節物の家電をしまう場所などなるべく細かく考えていきました。小さな我が家なので、階段下や少しの隙間もどうにか収納に当てられないか相談し、トイレは壁を一部へこませて収納棚にしたり、ニッチを入れられる場所は入れてもらい、本や小物を収納する場所を作ったりしました。

一番良かったと思うことは、衣服や大物をしまう場所以外のクローゼットには全て可動棚を設置してもらったことです。可動棚は、生活に合わせて棚の高さをいつでも変えられますし、何も買い足さなくても綺麗に収納できるのでおすすめです。

収納についてよく考えたことで、入居後家具にあまりお金をかけずに済みましたし、部屋がすっきりとしていて掃除しやすく、広々と見せることもできました。おかげで、家事が苦手な私が入居後1年経った今でも綺麗な我が家を保つことができています。